現行プロジェクト

messcud ASBESTOS project 調査・分析~処理工場~廃棄物処分まで
一括して世界基準のプロフェッショナルチームで
アスベスト処理を行います。

アスベスト
廃棄物それぞれにICタグをつけ、GPS・無線通信・インターネットにて管理・運用できる「廃棄物トレーサビリティシステム」を採用し、適正活確実な廃棄物処分を致します。 現行プロジェクト 詳細へ

産業廃棄物の中間処理・収集運搬

産業廃棄物の中間処理・収集運搬トラック 新潟メスキュード(株)は産業廃棄物及び特別管理産業廃棄物の収集運搬の許可を全国的に取得し、現在青森県~山口県の本州の全ての都府県での収集運搬が可能です。また、自社での中間処理(破砕・圧縮)の許可も取得しております。
収集運搬の許可証の詳細につきましてはお問い合わせ下さい。

フロンガス回収・破壊処理

業務用エアコン・冷蔵庫からのフロンガス回収を行います。また、回収したフロンガスは、*共英製鋼株式会社 山口事業所にてフロンの最終破壊処理をいたします。
破壊処理を行う処理先については、処理先の状況に応じて変更になる場合があります。

環境対策商品の開発・販売

エンジン燃焼効率フィルター「P-UP」

自動車などのエンジン向けに、燃焼効率を改善するフィルター「P-UP」を完成させました。
ディーゼルエンジンのトラックでアイドリング時の煤塵濃度と全炭化水素濃度の約20%以上の削減効果が確認されています。
詳細や購入についてはお問い合わせください。

ゴムチップ成型緑化工法

含水実験 ゴムチップ(ウッドチップ・籾殻・炭化物・ガラスカレット含む)に、ウレタン樹脂を適当量混合し型枠に流し込み成型しシャモットを圧着させて、苔等(ペンケイ草・マンネン草・その他)を定着させ植物活性化特殊配合酵素を含水させることを特徴とし、二酸化炭素削減への環境配慮商品です。


コケのうんちく
  • コケは今から4億年前の太古の昔、海から地上に上がった最初の植物です。
  • 一般柏物のように維管束がないため上へ成長するのではなく横へ横へと世代交代を繰り返しながら増殖しました。
  • 体がシンプルだからこそ過酷な環境に適応する強靭な生命力を持っています。
  • コケが後世の多くの生命を育み続ける母となりました(フランスの花言葉=母の愛)。
  • 世界中に2万4千種類、日本では2千5百種類ほど分布すると考えられています。
  • コケは蘚類と苔類に大別されます。蘚類の代表格がスギゴケ、苔類の代表格がゼニゴケでスナゴケ、ハイゴケ、ミズゴケは蘚類に分類されます。

スナゴケと一般のコケとの比較
スナゴケ 一般的なコケ
明るさ 日向 半日陰or日陰
方向 南向 北向
水分 乾燥に強い 一定の湿分が必要
環境適応力 幅広い(寒さ暑さにとても強い) 狭い(スギゴケ)
基盤 土は不要、砂、石、など無機質基盤で育つ 一定の温度を保つ槌が必要
肥料 不要 種類によって必要
育てやすさ 育てやすい スギゴケはむずかしい
スナゴケ=ギボウシゴケ科シモフリゴケ属
乾燥すると葉を閉じて筆状になり、水分を含むと葉が広がって緑となり、別々に見るととても同じ植物とは思えないほどである。このような水分状態に対応して植物の形を変えることができる能力が、乾燥しやすい立地における生育を可能にしている要因のひとつである。

在来種代表格
Ezo-sunagoke(Japonicum)  sunagoke(canescens)
Kobanosunagoke  Hai-sunagoke

ゼロエミッションコンサルティング

各産業廃棄物・特別管理産業廃棄物(医療系廃棄物)のゼロエミッション(リサイクル、リユース)の提案営業。
リサイクル、リユースをする為の収集運搬も弊社で行います。

メスキュード事業(医療廃棄物)

病院や診療所での使用済みとなった注射針やガーゼ、器具類などを収集運搬から中間処理(リサイクル)、最終処分までを一括してご提案いたします。
今まで手間の掛かっていた分別も弊社のメスキュード事業では、分別の必要なく指定容器に入れて頂くのみで回収処分いたします。
処分方法は溶融処理となり、処理後にはスラグと呼ばれるものが出てきますが、スラグについては処理場において粒度調整後、路盤材としてリサイクル(有効利用)されます。
  メスキュード事業についての詳細な処理方法につきましては、処理先である㈱共英メソナ及び共英製鋼㈱のホームページにて確認できます。